和 ~ nagomi ~ 空間

ネイリスト人生

ネイルの需要も増え、最近ネイリストになりたい人も増えているようで♪
ネイリストになるにはどうしたらいいでしょうか?とよく質問されます。
今日は自分のネイリストになるまでの道のりを振り返ってお話してみようかな…なんて思います。


高校卒業後は専修大学に入学し、大学時代はダンスに明け暮れる日々を過ごしました。
卒業後どうしてもダンスを続けて、ダンスの仕事がしたかったんです。
今思うと甘かったなぁ…。おはずかしい…
うちの父はとっても厳しい人で、そんな事は許す訳がありません。
卒業後はきちんと就職しなさい!と言われていました。
どうしても諦められなかった私は、親に泣いて頼みこんだんですよ。(笑)
『25歳までには絶対!!に自分の道を決めるから、それまで好きなダンスの仕事をやらせて下さい』と。
なんで25歳かって?
なんとなく私の中で、一つの境い目だったんです。

約束の25歳に近づくにつれて、ダンスは私の一生続けられる仕事じゃないな…と思いはじめ、何か手に職を付けたい…と考えるようになりました。

ネイルは元々好きで、大学時代 どんなに寝るのが遅くなっても、マニキュアだけは完璧に塗ってました。爪も必死で伸ばしたりして。明日はあの服で行くから…こんな爪にしよ~♪なんて思いながら、いつもいつも爪塗ったりアートしたりしてましたね。

ネイルの仕事には興味はあるけど、周りにネイルの仕事をしてる人なんて一人もいなくて…とりあえず本屋に行き、ネイリストになるための道のりを調べました。

結婚して子供ができてからも、自宅でテーブルと椅子を置くスペースさえあれば出来るし。
この仕事なら生涯続けられるな…と思いました。

大学まで出て、さらにネイルの学校の学費まで出して…なんて親には絶対言えないし、どうしよう。と思い、
とりあえず色々なネイルサロンに電話して

『働かせて下さい』

と頼んでみたものの、結果は全て断られました。
今思うと、無謀な事しました。
私もそんな人とりません。
当たり前の結果です。

父にネイリストになりたい!と話したらダンスの時以上に猛反対!!されました。
当時今ほどメジャーな仕事ではなく、男の父にしてみたら余計に なんじゃそりゃ??って感じの仕事です。
「そんな仕事で食っていける訳ねーだろっ!まともに就職しろっ!」
怒鳴られ殴られましたね。しばらく父とは冷戦状態…
でも母は
『素敵な仕事だと思うわ☆お母さんは応援する!』
と言ってくれました。唯一の励みでした。

どうしてもネイリストの夢を諦められず、父に頼みこみ、結果
『自力で今実際サロン業務しているネイリストの人と5人以上と知り合いになって、どんな仕事かきちんとリサーチして、現状を知って、それでもやりたければ学校へ行きなさい』
と言われ、携帯に入っている知り合い全てに電話するくらい電話しまくって、
知り合いの→そのまた知り合いの→知り合いのネイリストさん
とかを紹介してもらって、必死で話を聞きに行きました。

その後必死でバイトして学費稼いで…やっとネイルの学校へ入学!

いがいと勘違いしてる方が多いのですが、ネイルの学校はアートの授業が中心な訳ではありません。
むしろアートの授業なんて、トータルの授業時間140時間中の4時間くらいしかなくて無しに等しいくらいです。
授業内容は 歴史、骨、神経、皮膚、色彩学、病気などの勉強や、マニキュアの塗りかた(ボトルの握りかたまで決まってるんですよ) ケアの仕方 スカルプチュアの作りかた…などなどです。
軽い気持ちで入学してきた人達は、続々と辞めていきました。先生も厳しく、毎日の練習は必須。テストのための練習も大変で、華やかさとは掛け離れた感じでしたね。

一年勉強して日本ネイリスト協会の検定一級に合格し、これではれてネイリストに♪なんて思ったら大間違いでした。。。
サロン勤務経験のない新卒のネイリストなんて、どこもとってくれないんです。
13社受けてやっと一つ、広尾にあるサロンで働かせてもらえる事になりました。が…

シフトはなく前日の夜に『明日来て』とか『明日はいらない』と言われ自分のスケジュールは全く組めず。
さらに月のお給料三万円。
『あなたはお金もらって、勉強させてもらってるんだから』
とオーナーに言われていました。

確かに、学校卒業したばかりのネイリストなんて全く戦力になりません。
勤務終了後毎回1時間一日の駄目だしを受け、やっと終了…
悔しくて、帰り道一人で泣いた事も多々ありました。

月に三万円では生活が出来ないため、サロン勤務終了後は夜中まで友人のラーメン屋さんでバイト。
疲れもたまり始めた頃、ラーメンを運んでいたらこぼしてしまい、よりによって手の甲に大火傷!!!
サロンのオーナーには『しばらく来なくていい!』と言われる始末…最悪でした。


しばらくして学校の先輩から
『うちのサロン忙しくて…よかったらうちで働かない?お客さんにもたくさん入らせてあげられるから!』
と誘われ新宿歌舞伎町の深夜営業しているサロンへ移りました。

研修期間は、夜9時~朝5時までの勤務で月給10万円。
またもや…10万円では生活できないため…昼間バイトをして、夜から朝までサロンで働く毎日。
朝5時までとはいえども、頻繁に朝9時頃までの残業があったり…かなりハードな日々でしたね。
しかも歌舞伎町のお客様達の厳しい事…
未熟者だった私は
『この新しい子がやった手気にくわない!なおして!』
『あの人が作った爪折れたんだけど!』
なんて言われ続ける毎日…

お客様に入る事が苦痛でした。
さすがに心が折れそうになる事が多々ありました。
でも先輩達に『初めはみんなそうだよ!頑張れ!』
と励まされ、必死になって毎日勉強&練習しました。
歌舞伎町の厳しいお客様達のおかげで、かなり!!鍛えられましたね。
精神面も技術面も。
今思うと感謝です。


『ありがとう~かわいい♪』と言ってくれるお客様が救いの神。そういうお客様にはとても励まされました。
徐々に仕事に慣れ始めた頃、初めて自分の指名のお客様が出来た時は、涙が出る程嬉しかったです。

ネイリストになって三年が過ぎた頃、一通りの施術がなんとか一人前にこなせるようになり、ネイルの仕事がたまらなく楽しくなりました。
いつも広尾のサロンのオーナーに
『どんなに辛くても、3年我慢したら、産後も復帰して一生続けていけるから頑張りなさい!』
と言われていた意味が、その時やっと理解できました。


その後新宿のサロンが閉店する事になり、そこで働いていた上司から有り難い事に『独立しないか』と誘われわれ、代々木にネイルサロン『Pretty Rose』を設立。

その後結婚出産をし、子供も小さいので、預ける都合もあり、今は自宅でほそぼそとやっております。

もうちょっと落ち着いたら二人目も欲しいし…できれば保育園には預けず、一緒にいれるだけいてあげたいな…と思っているので、以前のような仕事はなかなか難しいですが、私のネイリスト人生はまだまだこれからだと思っています!
ゆくゆくお店を出すか、自宅でのんびりやるか、はっきりとしたビジョンはまだないけれど。
とにかくまだまだ未熟者なので、もっともっと勉強して、新しい物取り入れて、練習して技術の向上をはかりたいと思っています!!

行き着くところがなく、常に向上していかなければならない所も、私にとってネイルの仕事の魅力の一つでもあります。どんなに練習しても、一生満足する事はないだろうな…と思います。逆に満足してしまったら、そこでネイリストとして終わりだと思うんです。

ネイリストになるにあたって、苦労はしたけれど、心からネイリストになって良かった…と思っています。
サロン業務から遠退いた今、改めて考えてみると、私本当にこの仕事が好きです。


ネイリスト目指して頑張っている皆さん!
頑張れば三年後はきっともっと楽しいですよ!
お客様を笑顔に出来るとっても素敵な仕事です。
私はいつもお客様の笑顔が、次のステップの糧になります。
これからもたくさんのお客様の笑顔が見れるよう、日々精進し頑張っていきます!!

yuki
[PR]
by nagomiku-kan | 2009-01-14 11:45 | Yuki

和に関する情報を中心に、kanagon・yukiにまつわる様々な出来事を紹介していきます。
by nagomiku-kan
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
和空間情報☆
Kanagon
Yuki
なんでも告知!
未分類

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

今からドキドキしてるんで..
from しっかり者
ふぁいふぁいふぁーい!!!!
from 池ちゃん
睡眠時間
from 睡眠時間
あちゃ!おちゃ!うりゃ!
from 軍曹様
3人ひゃほい!!!
from 逆なん
ロリすぐるーーーー!!!!
from せい氏
Buy tramadol.
from Buy tramadol.
Buy cialis.
from Buy cialis.
incest sex
from Cartoon Incest
incest taboo..
from incest rape

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな